精密板金・薄板溶接の 超短納期・小ロット対応なら 株式会社マツダ

株式会社マツダ

  • お問合せコチラ TEL 0545-61-3252
  • メールでのお問い合わせはこちら

TOP技術コラム > 設計者にも知っていて欲しい!微細溶接に欠かせないモノって?

設計者にも知っていて欲しい!微細溶接に欠かせないモノって?

今回は、設計者にも知っていて欲しい!微細溶接に欠かせないモノについてご紹介いたします。

 

それはズバリ!

 

「製品1つ1つに合わせて製作している専用の溶接冶具」

 

です。

 

「微細溶接においてなぜ専用の溶接冶具が欠かせないのか!?」

 

①:ワークは板厚0.05mmからの極薄板で、更にサイズも非常に小さいものです。

そのため、ちょっとした風や人の息でもワークが動いてしまいます。

 

②:またそのような極薄板は人の体温でも変質してしまいます。

 

この2点から、ワークが動かず、また触れなくて済むように固定させる必要があります。

しかし溶接母材も板やパイプなどさまざまな形状のものがあり、すべてが同じとは限りません。そのため微細溶接においては専用の溶接冶具が欠かせないのです。

 

↑↑↑薄板の製作事例はこちらから!↑↑↑

 

↑↑↑パイプの製作事例はこちらから!↑↑↑

 

この専用の溶接冶具を用いて微細溶接を行っていることを、設計段階でも押さえていただけますと、

 

・超短納期にも対応ができるようになる!

・品質トラブルも未然に防ぐことができる!

 

というようなメリットも生まれます。

 

なかなか目立たない溶接冶具ですが、このように微細溶接では欠かせない非常に大きな存在で、設計者の方にも是非知っておいて欲しいものと言えます。

 

板厚0.05mmから対応可能な株式会社マツダの微細溶接は、これまでできなかった薄物や小さな製品への溶接を実現し、皆様の設計の可能性を大きく拡げることに寄与いたします。

お困りの方はぜひお気軽にお問い合わせください。

>>お問合せはこちらから!!

お問い合わせお問い合わせ