精密板金・薄板溶接の 超短納期・小ロット対応なら 株式会社マツダ

株式会社マツダ

  • お問合せコチラ TEL 0545-61-3252
  • メールでのお問い合わせはこちら

t0.1の溶接でバイメタル

製品カテゴリ 異材溶接
業界 産業用センサー関係
材質 ステンレス、スーパーインバー
板厚 板厚:t0.1
サイズ・精度 長さ150㎜、幅3㎜
t0.1の溶接でバイメタルの特徴

薄板溶接へのお問い合わせで、『2枚の板を重ね板厚の部分を溶接し、2枚を貼り合わせてほしい』という問い合わせをいただくことがあります。

今回はその加工サンプルとしてバイメタルの製作をいたしました。

バイメタルとは、熱膨張率が異なる2枚の金属板を貼り合わせたもので、温度計や温度調節装置で使われています。
通常は冷間圧延で張り合わせて製造されますが、今回は2枚重ね板厚部分を40倍スコープでチェックしながらファイバーレーザー溶接しています。

溶接部はt0.1とt0.1を合わせたt0.2の厚さで、溶接の長さは150㎜×両面=300㎜行います。

少しでも隙間が空いてしまうと溶接できない薄板溶接ですが、そこに異素材溶接に合わせたセッティングまで必要になります。

 

溶接後うずまき状に丸めていますが、溶接が上手くいっていると熱した際に熱膨張率の違いで伸びていきます。

その様子は、制作過程を紹介したこちらの動画でご確認ください。

異材溶接での制作実績

お問い合わせお問い合わせ