精密板金・薄板溶接の 超短納期・小ロット対応なら 株式会社マツダ

株式会社マツダ

  • お問合せコチラ TEL 0545-61-3252
  • メールでのお問い合わせはこちら

TOP技術コラム > 薄板溶接って歪むんでしょ?というギモンに答えてみました。

薄板溶接って歪むんでしょ?というギモンに答えてみました。

時流は薄板による軽量化・小型化を求めています。

薄板溶接を行う上で付き物の悩み「歪み」について、お悩みの方も多いのではないでしょうか。

溶接の種類を変えることで、歪みに違いが出ることは知られていると思いますが、

今回は、「YAG溶接」「ファイバー溶接」での歪みの発生の違いを

実際に溶接した写真を交えながらご紹介したいと思います。

 

まずは、SUS304_t0.5mm × YAGレーザー。

ちょっと反ってしまっているのが分かると思います。

 

次は、SUS304_t0.5mm × ファイバーレーザー。

ご覧の通り、ほとんど反りは確認できません。

 

 

もっと薄い板厚で比較してみましょう。

 

下の写真はSUS304_t0.3mm × YAGレーザー。

かなり歪んでいるのが分かると思います。

 

 

そして最後は、SUS304_t0.3mm × ファイバーレーザー。

ほぼ歪みがないのが、分かって頂けると思います。

 

 

 

ちなみに、板厚0.3mmまでしか溶接していないのは、

YAGレーザーではこれ以上薄いものでは溶接が難しく

比較にならないからです 。

 

同じレーザー溶接なのに、こんなに歪みの差が

出てしまうのは、なぜでしょうか?

 

まずYAGレーザー溶接ですが、YAGレーザーは溶接幅が狭く、

溶け込みも深いことに加え、パルス制御で均一な溶接ビードが

得られるので、TIG溶接に比べると母材への入熱が少なく、

歪みも小さくなります。

 

しかし、ステンレスではt0.5mmくらいまでが限界です。

これは今回ご案内した写真でもお分かり頂けたと思います。

 

これに対してファイバーレーザー溶接は、YAG溶接よりもさらに

ビーム径が小さいので、焼けや歪みがさらに少ない溶接ができます。

その結果、t0.05mmの極薄板でも溶接することが可能なのです。

 

 

株式会社マツダでは、このように特性を理解した上で、

材質・板厚・形状に合わせて溶接方法を選択しています。

箔や薄板などの溶接、微細溶接に加え、極細パイプ溶接や

異種材同士の溶接にも積極的に取り組んでおりますので、

溶接でお困りならお気軽にご相談ください!

お問い合わせお問い合わせ